大きな事件や事故は毎年数回は発生しています。最近では熱海の土石流などはまだ行方不明者を捜索中ですが、当然この現場である国道135号線は何回か引っ越しでも通っている道です。そろそろ判決が出る池袋の暴走事故などはこの現場の通り沿いにチラシ配布アルバイトの方が住んでいたのでチラシの補充に行くたびに通った交差点でした。それ以外にも地下鉄サリンの事件の日には霞が関の隣の駅である大手町辺りにいたので報道された事件も実に身近の範疇にあったわけです。
 秋葉原通り魔事件なんかも大きな事件だったと思います。犯人の加藤智大も一躍有名犯罪者になりました。もう10年以上の月日は経ちますが記憶から消えないほど衝撃的な通り魔事件でした。実はこの事件のあった2日後にこの加藤智大が取り押さえられたUDXビル内の会社へ納品依頼が入ったのです。事件の事は当然報道で知っていましたが、納品先の住所を聞いただけではまさかこの事件現場のビルへの納品とは全然気付きませんでした。当時はまだナビが無かったので地図で調べた結果UDXビルはあの事件現場の交差点の裏にあるビルで丁度加藤智大が逃げ込んだ場所だったのです。といっても納品の仕事は普通に行わなければなりません。事件の二日後でしたのでその現場はまだ全然緊張感が覚めていませんでした。現場の交差点には献花台が置かれていて身長の高さ程度まで花束が献花されていて生々しい現場の温もりが全然覚めていませんでした。たった2日のズレでしかなかったのでちょっと間違えれば現場に遭遇する可能性も十分にあったのです。大きな事件や事故は今後もあらゆる場所で発生する可能性があります。こういう通り魔ではこちらからの注意も全く出来ません。でも普段から事件や事故には巻き込まれたくないものです。あんなに献花された生々しい現場を通った事はその後ありませんが、自が当事者にならない事を祈るばかりです。また被害を受けた方のご冥福を祈るばかりです。

DSCF6019
 おとめ山公園は真ん中を道路で分割されています。いかにも以前は私有地だった感じの屋根付きの門があります。